SoftEther VPNプロジェクトは4日、VPNソフト「SoftEther VPN」のソースコードをGPLv2ライセンスによるオープンソースソフトウェアとして公開した。


 「SoftEther VPN」は、ソフトイーサ株式会社の商用版製品「PacketiX VPN 4.0」と同等のコードをもとに構築されたフリーウェア。SSL-VPNやOpenVPN、IPsec、L2TP、MS-SSTPなど多数のプロトコルをサポートし、iOS/Androidなどのモバイル端末からのリモート接続や、既存のVPNルーターなどとの接続に対応する。


 ソースコードは、SoftEther VPNプロジェクトのサイトから.tar.gz形式または.zip形式でダウンロードできるほか、GitHubのリポジトリ上でも公開されている。Windows、Linux、OS X、FreeBSD、Solaris上でビルドでき、再配布のためのインストーラーも自動生成できる。


 公開されたソースコードは約38万行、総ファイルサイズは約11MB以上あり、SoftEther VPNのユーザーモードプログラムのほか、カーネルモードで動作する仮想LANカードなどのデバイスドライバーのプログラムも含まれる。



【INTERNET Watch,三柳 英樹】